はじめての転職

仕事で自信がつき、ポジティブに将来を描けるようになった

アウスタ名古屋オフィス設立間もない頃から弊社とかかわり、現在はドコモショップで活躍されている川本さんへインタビューをしました。

笑顔が素敵な川本さんですが、アウスタと出会う前は人と交流することが少なく”病み気味”だったとか……
どのように川本さんが変化して、いまポジティブに将来描けるようになったのかご覧いただければと思います。

とにかく自分の置かれた状況を変えたかった(アウスタに出会う前)

ー川本さんが社会人になられたのはいつですか?

川本:高校卒業した後からですね。3年間食品工場で働いていました。高校から推薦されて。

ーその食品工場ではどれぐらい働かれたんですか?

川本:まるっと3年です。工場が火災になったのもあって働きたくても働けない状態になったというのもあるのですが、仕事がほぼ毎日ルーティンで、人と話さなすぎて、少し嫌になっていたのもあります。

ーちなみに転職を考えるうえで、やりたいことや就きたい仕事、夢や目標があって転職された感じですか?

川本:正直いうと何もなかったんですよね。強いていえば「人と話す仕事」をしたいなぁ、と漠然と思ってました。それで転職活動をして、アウスタさんを知っている人から紹介されて、現在ドコモショップのシゴトをしているのが今ですね。

アウスタに初めて相談に来られたとき、どんなことを解決したいと思ってらっしゃいましたか?

川本:とりあえず自分の置かれている状況を変えたかったんですよ。前職であまり人と話しておらず、病んでたというと大袈裟ですけども……何か自分が変わるきっかけになればいいなと思いましたね。

ーそして人と話す仕事がしたいという川本さんの思いと、お仕事の性質的にドコモショップがマッチした感じがありますね。ちなみにドコモショップに入る前はどんな印象でしたか?ドコモショップで働く自分って想像ついていました?

川本:とりあえず難しそうだなと思ってました。「私にできるのかな、本当に…….」と不安でした、けどもやってみないと始まらないかなと。

出来ることが着実に増え、お客様に評価いただくことが自信に(現在のお仕事)

ー1歩踏み出されたということですね。実際ドコモショップにお勤めされてどうでした?難しそうと思われていたとのことですが……

川本:実際は難しい仕事だなぁと思う部分はたくさんありました。けども、日を追うごとに出来ることも増えて、何よりお客さんと話すのがたのしかったですね。
ドコモショップに勤める自分は想像は出来ていませんでしたけど、実際いまは想像以上に良くなっているかなぁとは思っています。

ー2年続けて、どういった部分でドコモショップの仕事に出会えてよかったとかあります?

川本:アウスタさんに出会うまで、私は自己肯定感がとても低かったんですよね。自分は何もできないとか、人の役に立てる人間ではないと思ってたんですね。

でもドコモショップでお客様からアンケートをいただくのですが、私の回収率が所属店舗平均の5倍ぐらいになったことがあって。それで自分がやっていることが、人に評価されていると感じたときは嬉しかったですね。それこそ前職の食品工場ではお客様は見えなかったものですから、自分がやっている仕事がどのように人の役にたっているのか知れて自信がつきました。
あと単純に精神力がつきました笑

仕事でついた自信がプライベートを充実させている

ーちなみになんですが、ドコモショップで活躍されている以外にも、名古屋オフィスで開催している勉強会だったりピザパーティーに参加いただいてますよね。

川本:はい、アウスタでの仕事を通じて積極性といいますか、初対面の人とでも会話できるようになったのがありますね。

ー初対面の人と話せるようになって、普段のお仕事以外での繋がりも増えたのではないでしょうか?

川本:増えました。ひととの繋がりができて楽しいですね。
あと服が好きで、最近は自分で作ったりしてますね。

ーだんだんドコモショップの仕事が手についてきて、プライベートなところも考えられるようになってきた感じですかね。

川本:そうですね。最初は余裕がなかったですけども、慣れてきていろんなことに考えを巡らせられるようになったといいますか。

「いろんなことをやってみたい」とポジティブに将来を描けるようになった

ーちなみに最初のほうで、転職活動中はあまり夢や目標は無かったとお伺いしました。でもこの2年間で自信やコミュニケーション力がついた今、夢や目標の部分はどうでしょうか?

川本:そうですねぇ……いまは何がやりたいのは”ふわっ”としているんですけど、服が好きなので自分で何かしていけたらなぁと思います。あと、転職は考えていますね。いろんなことをやってみたいなと思っていて。自分の着実なスキルを身に付けたくて。

ーお話しを聞いていると、川本さんご自身ベースが固まってきたといいますか、仕事を通して自信がついているのかなぁと思うのですがいかがでしょうか?

川本:そうですね。仕事に対してのネガティブ感はないですね。
当然キツいと思うことはあるんですよ。でも、それを受け入れつつ、次に進んでいきたいなと思ってます。

ーやりたいことが無かったところから、いろんな選択肢があるという悩みの中に川本さんはおられるという。すばらしいですね。ある意味頑張ったからこその特権ですよね。
最後にアウスタって川本さんにとってどんな存在か、お伺いしたいです?

川本:正直なことを言うと、仕事を紹介する会社に最初良いイメージなかったんですよね。でも実際アウスタのひとと話したりとかイベントに参加すると、みんなキラキラしてるなぁと。だから自分も自分のやりたいことをやってキラキラしたいなぁと思ってます。
なので自分に「がんばろうと思わせてくれる存在」がアウスタという感じです。

エピローグ

自分の目標が無いところから、日々の仕事を通じて、少しずつ着実に自信をつけていった川本さん。
現在ではネガティブというより、ポジティブに将来について悩んでいたり想いを巡らしています。

そんな川本さんからお話しをお伺いして、改めてアウスタがかかわることが出来て良かったと思いますし、川本さんがどんなキャリアステップを踏んで輝いていくのか、自分事のように楽しみです。

ABOUT ME
ニシワキ
ニシワキ
新潟県長岡市出身。 教育学部→地銀→人材ベンチャーと一貫性のないキャリアを歩んできた30歳。1歳の娘の育児とシゴトを両立する広報マン/ライター。
20代の夢を集めるInstagramをやっています!