輝く20代

夢に近づくためのものであり夢そのもの。それが私にとっての仕事

今回ご紹介させていただくのは、「マルチシンガーソングライター」YuAhRa(ゆあら)さんです。

大宮ビジョンにて放映される、アウスタの公式CM第2弾のキャストオーディションで見事1位に輝いたYuAhRaさん。
現在はライブ配信サービス SHOWROOMをメインに活動し、楽曲制作だけでなくモデルや役者など多方面で活動を展開されています。

今回のインタビューでは、YuAhRaさんがどのような想いで今回のオーディションに応募されたのか、その時の心境や感想などお話を伺いました。

応援してくれる人がいる。そのことに気付かせてくれたのがSHOWROOMだった

ー本日はよろしくお願い致します。まずはYuAhRaさんがSHOWROOMをメインに活動され始めた背景について教えてください。

YuAhRaさん:
こちらこそよろしくお願いします。
もともと「歌を仕事にしていきたい」と思って、アルバイトをしながらライブハウスで歌ったりしていました。
歌う以外にもいろんな仕事をいただいてましたが、その場限りの仕事が多くて……

ある時SHOWROOMに出会ったんですね。
それから配信をしばらく続けてみたら、私を応援してくれるたくさんの人の存在に気付けたんです。
なので、SHOWROOMをメインに活動し始めました。

ー歌うこと/表現することを仕事にしたい、と思われたのはいつからでしょうか?

YuAhRaさん:
いつごろから……というのは具体的には覚えてなくて……
歌う事をシゴトに出来たらなぁというのは、気付いたときから心で思っていましたね。

(YuAhRaさんの新曲『ハザマ』MV)

ファンというより「仲間」。ともに夢を追う存在

ーいまでは本格的にシンガーソングライターとしての活動を展開されていますよね。ファンの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

YuAhRaさん:
ファン…..私にとっては”ファン”という言い方よりも、「仲間」というほうがシックリくるんですよね。

ともに夢を追う存在といいますか……
いま私が抱いている夢は、自分だけの夢ではなく仲間で共有しているものなんですよね。

ーYuAhRaさんの夢が、その仲間の方々の夢になって。ともに夢を追うと……素敵です。

YuAhRaさん:
そうです。私ほぼ毎日SHOWROOMで配信をしているんですが、決まった時間に配信しないと心配されますから。
「まだ…..?」「配信されないの…….?」
と。心配されるだけでなく、時には怒られますからね(笑)

一人では叶えられない夢。だからこそ挑戦することにとても価値を感じた

ー今回のキャストオーディションへエントリーされた理由を教えてください。

YuAhRaさん:
まず今回のオーディション企画を見た時に「一人では出来ないことだなぁ」と思ったんです。
それこそ私が一人で楽曲を作るのとは違い、企業CMといういろんな方々が関わってのものですし、それこそ仲間の応援があってこそ出演できるものだと思いました。
何よりも今後の自分の経験になると思い、エントリーさせていただきましたね。

ーオーディション中どのようなことを意識しながら、発信をされていましたか?

YuAhRaさん:
オーディションだからといって特別なことをしようとは思わず、とにかく配信を見てくれている方々に楽しんでいただくことしか考えていませんでした。
特に大切にしていたのは、いつも見てくださっている方はもちろん、私を初めて見てくだされた方に”おっ!?この子楽しそうだなぁ”と思っていただけるためにはどうするか?という工夫。

その答えはないですけど、オーディション期間中はずっと考えながら取り組みました。

ーその試行錯誤が今回の1位という結果に結びついたのではないかと思います。オーディション中に”嬉しかった!”や”大変…..”と思われた事はありましたか?

YuAhRaさん:
まず嬉しかったことで言えば、コメントに参加してくれる方が増えたことですね。
配信を見てくださっている方が、ときに「同じ言葉をコメントし続けよう!」みたいなことをやるんですよ。
いつもは決まった仲間が乗っかっているんですけど、それに初めて乗っかってくれる方が現れたときは、とても”嬉しい!”と心躍りました。

ーオーディションをキッカケに、新たな結びつきが生まれたと。

YuAhRaさん:
そうですね。
次に大変だったこと……そうですねぇ……
強いていえば、毎日決められた時間に配信することですね、いつも配信を見てくださっている方々のために。

ーYuAhRaさんからとても強いプロ意識を感じました。ずっと配信しつづけるためのYuAhRaさんなりの工夫はあるんですか?

YuAhRaさん:
工夫というよりはもう慣れまして、”当たり前”という感覚になっています。
日常といえばいいのでしょうか。

時には上手く歌えなかった、話せなかったで落ち込むことは無くはないですけど……
一緒に夢を追う仲間のためならば、何だか頑張れちゃいます!

夢に近づくためのものであり、夢そのもの。それが私にとっての仕事

ーYuAhRa様にとって”仕事”はどういった存在でしょうか?

YuAhRaさん:
私とっての仕事は、夢に近づくためのものであり……
そうですね、むしろ夢そのものなのかもしれません。

自分の夢のためにはじめたSHOWROOMの配信が、私にとって仕事になりました。
それが今では自分の夢を応援してくれる仲間に恵まれている、決して当たり前のことで無いと常に感じます。

ーここまで様々なお話しをお伺いさせていただきありがとうございました。最後に、YuAhRa様の今後の目標、夢を教えてください。

YuAhRaさん:
夢は
「東京の人10人に聞いたら、5人がYuAhRa知ってる!」
「あの芸能人の人だよね!」
と言われる存在になることです!

ーなるほど……”2人に1人”では無いんですね笑

YuAhRaさん:
そうですね…..10人に5人、なんですよ笑
そのために今年は”YuAhRaといったら芸能人”という要素を増やすことをテーマにしてまして。
そのために今回のキャストオーディションにもエントリーしましたし、活動を展開していければと思ってます。

エピローグ

応援してくれる方のために、SHOWROOMをメインに活動されているYuAhRaさん。
そして応援してくれる方を”ファン”ではなく「仲間」と呼び、その仲間の方々の夢を背負って毎日活動をされているYuAhRaさんの姿にエネルギーを貰いました。

”仕事=夢に近づくためのもの、夢そのもの”

思い続けていれば夢は叶い、その夢が日常になっていくことは素敵です。
忙しい毎日の中でも”自分の夢は何だろう?”と自分に問い、行動し続けることで人生は拓けていく……

そのように感じました。

YuAhRaさんのTwitterはこちら

­

ABOUT ME
ニシワキ
ニシワキ
新潟県長岡市出身。 教育学部→地銀→人材ベンチャーと一貫性のないキャリアを歩んできた30歳。1歳の娘の育児とシゴトを両立する広報マン/ライター。
20代の夢を集めるInstagramをやっています!